自分が追い出したどうぶつは、フレンドの島へ移住し、生活しているかも・・・w

一度も話したことはないのに・・・

筆者の妹が、1か月かけて追い出した(引っ越しの提案を今か今かと待っていた)どうぶつがいる・・・

その名は『バッカス』だ。

バッカス

こぐま系ではなく、大型のクマ。

見た目はおじさんだが、中身は幼稚(ぼんやり(ボク系))という・・・すべてがアンバランスなキャラクターである。

妹の島では、住民との相性が合わなかったようで・・・毎日他のどうぶつ達を怒らせて歩いていたようだ。。

そんなバッカスが「引っ越しを考えている」と提案してきたときには、妹はとても喜んでいた・・・

「良かったね」なんて言って、喜びを分かち合ったのも束の間・・・

なんと、その「バッカス」が我が島に勝手に移住してきたのである・・・・。

バッカス
バッカス

妹の島へは、ちょくちょく遊びに行っていたが…一度もバッカスを見たことは無いし、話したことすらなかった・・・。

なのに、我が島の空き地を見つけるや否や・・・引っ越してきてしまった。

すぐに、妹に「事件が起こった!」と連絡すると・・・LINEには草(w)が沢山生えていた。

そして、一言・・・「バッカスをよろしく」と。

きのこ
連れて帰ってくれ!!!!!!
スポンサーリンク

フレンドが切り捨てたどうぶつが流れ着く

バッカス

いつもなら、どうぶつが引っ越した後は、自分が納得いく動物に出会えるまで離島ツアーを回り、スカウトして自分の島の住民を決めているのだが、今回忙しくて(FF7R)住民選出をランダムにゆだねてしまった。。。

その結果、フレンドの島で追い出されたどうぶつが我が島に流れ着いてしまった。

筆者の頭からすっかり抜け落ちてしまっていただけで、たしか前作でもフレンドの村から動物が引っ越してくるという事はあった。

本当にうっかりミスだ・・・。

住民で後悔したくないのであれば、「空き地が出来たら納得いくまで離島ツアーを回る」という事は絶対なのだと身をもって体験した。

きのこ
空き地になった翌日にはランダムで動物が選出されるので、空き地になったらすぐに離島ツアーへ行くことをオススメします。
スポンサーリンク
おすすめの記事