待ちに待った牧場物語の新作が発売されるという事で、発売日当日に購入してプレイしてみました。・・・ですが、約1週間でソフトを手放す事に。なぜ手放す事にしたのか・・・私が気になった点をお話ししたいと思います。(個人的な意見となりますので、参考程度に読んでみてください。)

良かった・気にならなかった点

ネット上ではヤイヤイ言われていた事でも、個人的に気にならなかった事や良かったと思える点をご紹介します。

ロード時間は意外と気にならなかった

牧場物語 オリーブタウンと希望の大地

筆者はソフト購入の際は、必ずパッケージ版を購入します。

パッケージ版を購入したことが良かったのか・・・、発売初日からヤイヤイ言われていたロード画面の長さは意外と気になりませんでした。

もしかすると、ダウンロード版は処理に負荷がかかってしまい、ロードに時間がかかってしまうのかもしれません。

ゲームの難易度が選べた

今作の牧場物語は、難易度が「やさしい」「ノーマル」の二つから選ぶことが出来ました。(後々、変更も可能)

「やさしい」モードでプレイする事で、お金を稼ぎやすくなったり、体力が減りにくくなったりと色々とメリットがあり、牧場物語初プレイの方でも楽しくプレイできるような工夫がなされていたので、その点は親切設計で良かったのではないかと思いました。

動物は購入以外の手段がある

過去作までは、牛や鶏を育てる際は家畜屋で購入するしかありませんでしたが、今作は野生の動物を手名付けて育てる事が出来ました。

初めの頃は、お金があまりないので野生の動物の存在はとても有難かったです。

同性婚も可能

今作は、「大親友の儀」というものが追加されており、それを行う事で同性と結婚する事が出来るんです。

もちろん、子どもを持つことだってできます。

今の時代、性別を男性・女性、恋愛対象を異性に絞るなんてナンセンスだと思うので、その点はとてもいい取り組みだと感じました。

きのこ
性別は女性でも男性の服を着たり、男性の髪型や顔を選ぶ事も出来ました!
スポンサーリンク

悪かった・気になった点

個人的に感じた悪かった・気になった点をいくつかご紹介します。

立ち絵がない事が意外と気になった

立ち絵とは

発売日当初から「立ち絵」がない事が騒がれていましたが、個人的には「立ち絵が無い事くらい気にならない」と・・・正直思っていたんです。

いざ買ってプレイしてみると、キャラの表情(感情)が全然伝わってこないので、キャラに愛着が湧きにくいというデメリットがありました。

高いプレゼントをあげても・・・

「これ好きなんだ、ありがとう」とは言ってくれるものの、照れたり喜んだりする顔が全く見えないので、プレゼントのしがいが無いというか・・・ただの点数稼ぎ(好感度上げ)の作業感が強かったです。

声が合わないキャラが多かった

表情が見えず、愛着が湧きにくいだけでなく・・・問題は声にも。。

キャラクターの顔を見て、勝手にイメージを付けてしまっていた筆者が悪いのですが、ちょっとキャラのイメージと異なる声が付いていたんです。(多分筆者の想像力の問題でしょうが。。)

今回の作品は、声は代々木アニメーション学院の生徒さんがあてているそうです。

フルボイスのゲームではないので、学生さんが声をあてても問題はないのですが、キャラのコンセプトに合った雰囲気だと良かったな・・・と感じました。

きのこ
無料アプリならともかく・・・約7000円のソフトで学生さんにキャラのボイスをお願いしている事に少々驚きました。

過去作にあったイベントがカット

過去作では、農作物や副産物の品評会があり、手をかけて世話をするほど品質を認めてもらえる(結果価値が上がる)というイベントがありました。

ですが、今回は品評会イベントがカットされている為、農作物や副産物は安定したお金を生み出すためのシステムの一部にすぎません。

過去作ではより良い品質の作物を作る為に、色々と試行錯誤したり、品質を受け継いだ種を必死に作ったりしたものですが・・・今回農業・酪農はお金を稼ぐためだけのものなので、試行錯誤なども必要ありませんでした。(種まいて水あげて収穫して出荷の流れの繰り返し)

イベントがつまらない

春に「エッグフェスティバル」という名のイベントがありました。

事前に住民から「卵を探すイベント」だと説明を受けたのですが、まさかの「探しているムービー」が流れるだけの仕様。

自分で実際に町を駆け回って卵を探すと思っていたので、ムービーだけ見せられてイベントが終わってしまった事に驚きを隠せませんでした。

ペットレースなどは自分で操作できるイベントでしたが、タイミングを見計らってAボタンとYボタンを押すだけの単純なものでした・・・。

早い段階で同じことの繰り返しに・・・

イベントもあまり多くないので、早い段階で水やり・収穫・酪農作業・採掘を繰り返すだけの作業ゲーになっていました。

動物小屋や橋、家などを修繕するために必要となる材料を毎日必死にかき集め・・・気づけばあっという間に同じことの繰り返しに。

その結果、ゲームをしながら「私は一体何をしているんだろう・・・(無意味)」と考えるようになってしまったので、購入から1週間(1年目の秋)でソフトを手放す事にしました。

【まとめ】個人的な意見としては次回作は様子見・・・

牧場物語 オリーブタウンと希望の大地

筆者は、仕事・家事の合間を見てゲームで遊んでいるので、時間の無駄だと感じるゲームはすぐに見切りをつけて辞めてしまいます。

今回は、待ちに待った牧場物語の新作だっただけに、こんな結果になってしまって本当に残念でなりません。

ジャンルが異なるので比較するのはどうかと思うのですが・・・

約7000円もするゲーム(牧場物語)よりも、筆者が毎日欠かさずプレイしている無料アプリ「原神」の方が何百倍もクオリティ・グラフィック・サウンド・ストーリーなどの出来が良いと感じてしまいました。。

きのこ
牧場物語は売り切りゲームだからこそ
【初期投資をしている(お金を支払っている)分くらいは楽しませてほしかった・・・】というのが本音です。。

正直、原神のようなクオリティのゲームが無料ということ自体が異常なので比較するのは酷なのですが、せめて7000円を出して購入したことを後悔させてほしくなかったです。

次回作が出る際には、やっぱり今回の件があるので少し警戒(様子見)してしまいそうです。。

きのこ
とりあえず、牧場物語が不発だったので、
2か月後の発売されるルーンファクトリー5に・・・期待します!
スポンサーリンク
おすすめの記事